トップページ >> 畳(たたみ)のカビ予防法と Q&A

畳(たたみ)のカビ

畳(たたみ)のカビ・予防法

天然イ草の畳表は、空気の吸放湿を行う性能があり、空気中のホコリを吸収付着・湿気を調節
する性質を持っています。

当然これは日本の風土からすると快適なのですが、反面湿気が極端に継続する場合は、
どんどん湿気を吸収してしまいます。
新しい畳表ほどこの吸収する能力は高く、古く使われた畳表はイ草が潰れてこの機能が、
衰えています。

よって新しい畳(畳表)ほどカビが発生・繁殖しやすいというわけです。
カビが発生しては、お部屋の空気も悪くなり、体にもよくありませんよね。
畳のお手入れ方法は、カビ・害虫の予防といっても過言ではありません。
下記に、たたみのカビの予防法を記しましたので、快適空間のご参考としてご覧下さい。

たたみに関するカビの発生条件

栄養・・・
住宅の内外のほとんどのものを栄養源にします。

温度・・・
住宅や建築物に発生するほとんどのカビが、5℃〜35℃の範囲で発育します。
20℃を超えると急速に活気づき、28℃あたりでは繁殖が一番盛んになります。

湿気・・・
湿気が60%を超えるとカビ・ダニが発生しやすくなり、
80%を超えるとあっという間に増殖します。

酸素・・・
ほんの少量の酸素があればカビは生育します。
つまり地球上のほぼどこででもカビは発生、生育できる環境にあります。

たたみのカビ予防法

◯天気のいい日は窓をあけ風を通す。
◯除湿機を使う。(水が溜まっていく物)
◯扇風機を首振りにして、たたみに向かってかける。
◯定期的に消毒用エタノールで拭く。
※最初からエアコンをかけると逆効果になる場合があります。
エアコン内に発生したカビを空気中にまき散らすことになります。
エアコン使用の際は、事前に空運転を行い、
乾燥時内部をエタノールで掃除して頂くことをお薦めします。

カビ発生時の対処方法

【作業時のご注意点】
※作業を行う際には、マスク、ゴム手袋の使用をお薦め致します。

窓、ドアを開け、換気をよくします。

エタノールを用意します。
ドラッグストアーで購入できます。

エタノールを霧吹きに移し変えます。

白く粉っぽく見えるのがカビです。
この他、黄色、青、黒色などのカビもあります。

ブラシ、亀の子たわしで、カビをかきだします。
※この時、マスク・手袋の着用をお勧めします。

掃除機で吸い取ります。
掃除機は部分的にではなく全体にゆっくりかけてください。

消毒用エタノールを、濡れ色になるくらいまで多めに散布します。
※エタノールは発揮性なのでシミになることはありません。

3〜5分乾燥させる
最後に乾拭きをしてください。
※水拭きは絶対にしないでください。湿気を与え逆効果です。

カビ発生共通点(お客様から寄せられる実例)

◯昼間お部屋を閉めきってる場合が多い。(共働き等)
◯お部屋の位置が風通し、日当たりが悪い。
◯洗濯物の室内干しをされていらっしゃる方。
◯床下に湿気の要因がある。
◯家の近くに水源がある。
◯結露が発生する。
◯たたみの上にじゅうたん等敷物を敷いている。

その他Q&A

カビの予防で対処法はありませんか?

カビを発生しにくくするには、なるべく素足で歩きましょう。
足の油が自然に畳表をコーティングしていき、照り(艶)が出てきます。
照りが出れば表面は剥け難く、カビも発生しにくくなります。
また、イ草には水虫菌に強いという研究結果もあります。

畳のお掃除は?

昔ながらの座敷箒か棕櫚箒での掃き掃除が一番いいと思います。ですが、掃除機の 使用は畳の目に沿ってゆっくりかけてください。水拭きは基本的にはNGです。 ですが、冬時期の乾燥している時の日当たりの いい場所は(特に西日があたる所) 固く絞ったきれいな雑巾で拭いてください。

畳の上にジュータンなどの敷物を敷いてもいいですか?

畳の上に物は敷かない方がいいです。畳自体が蒸れてしまい虫、カビの発生原因に なります。また、埃も溜まりダニの発生原因になります。ただし、コマメに上げて 風を通して頂く事とお掃除をして頂ければ大丈夫です。

畳の上に何かこぼしてしまった時はどうすればいいか?

慌てて雑巾や布巾などで拭いてしまうとイ草に染み込ませてしまっているような 物なので染みが出来ます。こぼした上に小麦粉やベビーパウダーなどの粉をかけ、 粉に水分を吸わせる。(粉でなくても吸収力のあるペットのおしっこシート等でも いい)粉が水分を吸ったら掃除機で吸い取り目に詰まった物があればブラシ等で、 (タワシでもいい)かき出す。イ草に吸われる前に他の物に吸収させると覚えて 下さい。

畳の上に家具やテレビ等の物を置いてもいいですか?

特に問題はありませんが、キャスター等の先が細く畳が沈んでしまいそうな物は、下に10〜15cm角位に切ったベニアなどをあてがってください。
タンスの下等全面に敷物をされるのはよくありません。畳が蒸れてしまいます。
また、ダンボ−ルを敷物に使うのはお薦めしません。
経験上白アリが発生しているケースが多々あります。