トップページ >> 畳の工事仕方・流れ >> 畳替え(たたみがえ)とは?

畳替え(たたみがえ)とは?

裏返し(うらがえし)

今ついている畳表(ござ)を一度剥がし、
ひっくり返して(裏側)から付け直すことを裏返しといいます。
目安年数は前回の表替え、新畳時から3年〜6年位です。それより遅いと裏面も退色したり、
傷みが広がる可能性が御座います。

表替え(おもてがえ)

畳表を新しいものに交換することを表替えといいます。
目安は前回の裏返しをされた場合はそれから5年位、前回の表替えをされた場合は、
それから10年位です。

新畳(しんだたみ)

畳床(芯)からすべて新しくすることをいいます。
環境にもよりますが、藁畳床は30年〜50年位、建材床は15年〜30年位が目安です。
踏んだ感じが柔らかかったり凹凸が激しい場合、カドが下がって丸くなってる場合、
たたみや床が音がなる場合などが換える目安です。

シバンムシが大量発生した場合は、藁床から建材床に換える事をお勧めします。
(シバンムシ等わからない事がありましたら、お気軽にお電話下さい。)
畳床にもいろいろな種類(素材、昨日、厚み、クッション材など)があります。
お部屋の環境、使用状況、デザインなどでお選び頂けます。